FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わたしにとって、
自分が変態であるという事実を100%認めることは、

ごく《一般的な女性の幸福》、
……両親や友人に対して隠しごとをせず、笑顔や言葉の裏に翳りを持たずに
「幸せです。」と胸を張って言える性質の健やかな幸福……

それを、諦めることです。


そう定義した上で、
ずっと、ずっと
【わたしは諦めたつもりでいただけだったのだ】
……ということに、
たった今、気付きました。


なぜなら、
わたしはほんの数分前まで、微かな希望を持っていたのです。


ご主人様と出逢ってSMの世界へと身を投じてから十年、
マゾヒズム的な性的想像を巡らせ始めてからは、既に二十四年近く、
それでもずっと、
もしかしたらこのわたしでも努力すれば幾らか健やかな人間に成れるのではないか……という
微かな希望を持ち続けてきました。

その希望は、どうしようもなくマゾ的な欲求を持ちながらも
わたしはほんとうに変態なのだろうか?
そこまで酷くないのでは?
……という問いを、
捨てられずにいた言動に表れていたように思います。


けれど、理解してしまった。解ってしまった。
自分が変態であるかどうかなんて、そんな疑問を抱く余地は無くなりました。



見えてしまった。
わたしの精神の構造。
恐ろしく透き通った姿で。
認識してしまった。


とても歪なのに、

わたしは全くなおそうと思わない。


始まりは体から、
ご主人様と出逢ってからは精神についても、
理想へ近づけ、歪みを認識し、好ましい姿勢へと鍛えなおすことが大好きな、このわたしが、

この人生でもっとも歪んだものを目にしたというのに
それを正さねばならぬと躍起になることもなく

それどころか

心がとても静かで 安堵する。



こんなにも歪んでいて昏いのに。
死の匂いと破滅へ向かう悦びの温度しか感じられないのに。

これが、どうしようもなく
わたし だ。

……そう思う。


肯定、とは違う。
ただ、否定もしない。
見えた、と、思う。
《わたし》が見えた。


あいされるためのツールとしての肉体でも、感性でもない。
ただ壊されることを待っているだけのもの。
生命としては救いようもなく、
絶望的で、

でも、
悲しくない。

わたしだけが、悲しくない。
(お父さんも、お母さんも、友達も、それにきっとご主人様も、悲しいのでしょう。少し前のわたしも同じように悲しかった。けれどもう、悲しくなくなってしまった。)



死と破壊に焦がれる精神と肉体をもって、
これからは静かに生きていくしかない。
日々の小さな、ゆえに大きな幸福を噛み締めて、
いけるところまで生きていくしかない。

きっと何でもできる。
いつか、望んだように、この身体は必ず朽ちるのだから、
すべての生命が約束されている終わりが
わたしにも訪れるのだから、
その日を夢見て、きっと、何でもできる。

死ぬ日まで、生きていける。

いつか無へ還る日に恋い焦がれながら
その日までわたしはわたしを生かす。


お父さん、お母さん、…友達のみんな、先生。
すべてのひとへの恩返しに。
感謝を示すために。

ご主人様。
あなたと愛をかわして、ふたりで生の悦びを味わうために。

そのためだけに 生きる。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


何となくこのブログを読み返していたら、きょうTwitterで呟いた内容と全く同じことを三年前に綴っていて(びっくりしました。)、ああ、根本的な所は何も変わっていないのだ、と、感じました。

そして、改めて気づいたのは、
この三年間は本当に病的に精神を擦り減らしていたのだ、……と、いうことです。

ああ、わたし、
やっと戻ってこられたのですね。
元気になれたのですね。


ご主人様。
また、あなたに、
あなたが与えてくださった多くの愛に、
わたしなりにお返しをさせていただきたいのです。


ご主人様。
わたしは過去の未熟なわたしを下に見てしまうところがありましたけれど、
こんなにも真摯に、丁寧に言葉を綴っている女性に対して、
まだまだ未熟なわたしがダメ出しをするなんて
身の程をわきまえていないのはわたしの方ですね。


ご主人様。
わたしはいつでも、幸せでした。
どのようなときにも、
ご主人様のお傍に居られて、しあわせでした。



このブログをずっと続けていて、ほんとうによかった。

過去のわたしが、
現在のわたしにこんなにもあたたかな気持ちをくれたように、

現在のわたしが、
未来のわたしへ、あたたかなものを渡せるように、

この場所は、ご主人様への想いを綴る場所として
これからも大切にしたいと思います。


2013年4月23日
Mkokuinn20130424


2016年9月29日
nanaco20160929



24歳のわたしへ

有難う。






昨日の逢瀬、

ご主人様が、針を下さいました。
その後には少しだけ、
実際に物を切れる鋏の刃で(つまり、フェイクのナイフではない刃で、)
躰を愛撫して下さいました。

痛みとしては微かなものです。
針は細いですし、
鋏も……
ご主人様は、事前に何の宣告もなく、わたしの覚悟も問わず、
躰に痕の残る行為をすることではない人であると、知っています。


それでも。


ご主人様に出逢って、もうすぐ十年。
自分が刃物によって傷つけられることを……場合によっては、もっと深く……欲して止まないのだと、求めて止まないのだと(憧れではありません。)、
そのことを自覚してからは、十二年ほど。
どこから湧いたのか、マゾヒズム的な空想を思い描くようになってからは、二十二年以上。

人生のほとんどの時間を、押し殺して見ないようにして過ごしてきたものを、

自己嫌悪に陥らず、
ただ自分がそのような人間であることを認め、
命を殺める類の道具にこそ強く反応する躰であることを認め、

また、
そういう願望を胸の奥深くに抱いていること自体は、
恐れることを止め、
(……そう、微かにもおびえずに、)

そうやって真実に無防備にご主人様の眼前へ横たえた躰に、

「針をしてあげよう。」

と、
ご主人様が鞄から取り出され、
視界の端にその気配が入り込んだ瞬間に、
よろこびで涙が
とめどなく溢れました。

初めての感覚でした。





ずっと、これが欲しかった。





ずっと、殺し続けなければならないと、頑なに禁じ続けてきました。
恐ろしいものに鉄の蓋をして。
引き摺り込むように強い引力が働いている光景からは、ただひたすらに目を閉じて意識をそらして。

健全に死ぬまで、ずっと。
そうやって、
欲しいもの全てを拒絶して、諦めて、あきらめて、あきらめて、

どんなにMとして一人の女性として幸福でも、
その幸福ゆえに、愛とは相容れぬ願望については何一つ叶わないのだと、
その現実と哀しみをずっと抱えてきました。

叶わないし、
叶えないし、
叶えてはいけない……。

どんなに心を病んだ時期にも、その禁則だけはわたしの胸に深く突き刺さるように根付いていました。
孤独で堪らず、十代の頃に料理以外の目的で一度だけ包丁を手にしたことがありましたけれど、
自傷のために衝動的にそれを手にした瞬間、
……堪らなく甘美で昏い陶酔が背筋をかけのぼり、脳がぐらりと揺すぶられて、太腿が官能のためにぞわりと震え、
もう、瞬間的に、爆発的に、孤独感と悲しみよりマゾヒズムの恍惚が勝り、
わたしは徒らに躰に傷をつけるという選択肢を遠ざけました。

わたしにとって自傷が自傷にならないことを知ったのです。
あれは、紛れもなく自慰の延長でした。


……そのようなこともあったので、
兎に角 諦めて、
遠ざけて。

これまでにご主人様が針を下さった時にも、
(……乳首にピアスを開ける時には、ピアスホールを作るため、と、いう、大義名分に身を委ねて、)
自分のなかの死の匂いのする願望とは常に切り離し、
鋭い痛みの、その上に薄く張る僅かな蜜の味だけを、命を繋ぐように啜っていました。


けれど、昨日は、
すべての蜜を飲み干しました。

わたしが甘美とするところの、すべてを。

……存分に、味わいました。


ご主人様は怖くて泣いているのかと勘違いされていたようですけれど、
あの時は感極まって泣いたのです、と、
後からご説明致しました。

欲しくてたまらなかったものを、やっと受け入れることが叶って、感動して泣いたのだ、と。

するとご主人様は仰いました。


「私はこれまでと同じことをしただけだよ。菜々子が悦ぶことをして、感じる姿、逝く姿を見て愉しむ。何も変わらない。」

「さっきの鋏でも切ろうと思えば切れたよ。膚がざくざくになってしまうけどね、それでもいいのなら。乳首くらいなら切り落とせるだろう。」

「乳首が無くなったらつまらないから、やらないけれど。……菜々子もさみしいだろう、……」


……ご主人様に、可愛がっていただけなくなるのですから。
そう、わたしも、無くしてしまったら、さみしい。
だから、しない。
それだけのこと。

ご主人様も、わたしも。
叶えるのなら、別の方法で。


……こんな風に書くと、上記のようなことをご主人様が平然とやってのける方のように思われてしまうかもしれないけれど、決してそうではないのです。
もし本当にそういうお方だったら、自分への恐怖で凍えていた十年前のわたしが危険性の高い人物を選ぶ筈がありません。
わたしは常にわたしを分析し、解剖し、制御しようと努め、サディストについても尊敬を抱けない人物に対しては、酷く冷めた目で見ておりました。
当時、用いることの出来た手段で多くのサディストを観察し、……最後に人生をかけてたどり着いたのが、ご主人様なのです。

そんなわたしをご主人様が迎え入れて下さったことが、わたしの幸いのはじまりでした。

ご主人様は愛のあるお優しいお方ですから、
愛をもって育てたわたしに、上記のような酷いことをするのには、抵抗をお持ちなのです。

それでも、
それ故に、で、しょうか、……

以前は、まだわたし自身がわたしを受け入れられておりませんでしたから、
その様な何の覚悟も決まっていないわたしに対しては、
「転落した人生へと突き進む、どうしようもないマゾヒストを作るだけだ。」と、
願望を強化するばかりの強い痛みは絶対に与えないお方でしたが、

……最近は、
「叶えてあげたいね。」
と、
そう、仰って下さるのです……。


わたしが、どんなに切願しているか、
ご主人様のお傍に在るために一人で生きていく覚悟を決めた上で、尚、それを望んでしまう性であることを、
ご存知だから……。


ですから、ご主人様に、進言しました。
それは、昨日より少し前のことですが……、

「わたしの周りの、わたしを愛してくれる人たちに心配をかけてしまうようなことは、みんなに心配を掛けないで済む環境になれたら、そのときに。……いつか、ご主人様の、妻になれたら。」

「そうか。そうだね。」

「……はい。」


……それがいつになるかは、わからないけれど。
二十年、それよりもっと先かもしれない。
終に来ないかもしれない。
それでも。
わたしが望むのは、そのような性質のものであると思うから。



ずっと、愛する人に、愛と反することをしていただくことは不可能なのだと思っていました。
そのために、ご主人様以外の誰か……わたしに愛を抱いていないが故に、非道を行える誰か……に、
この躰が壊れるようなことをして欲しいと(つまり、SMではなく、死に至るようなことを)、望んでしまう日もありました。

けれどもう、そのようなことは願いません。
願わないことが解ります。
望まないことも解ります。

わたしの愛する人が、愛によって、わたしの切望に近いものを叶えてくれようと……わたしが構わないのなら、いつやってもよい、……と、そう思って下さっていることを、知ったから。

膚に傷をつけることも、
どのような苦痛も、
あやめていただくことも、

ご主人様がいい。

ご主人様以外のひとには望まない。



より一層、以前より確かに、
ご主人様を想ってこの躰を大切にすることができます。
この心と躰とを、守って生きてゆくことができます。
つよくなれます。

有難う御座います、ご主人様。




心より、愛をこめて。


菜々子


グロテスクな内容です。
まだやさしいものですが、
肉体の切断や欠損、カニバリズムなどの表現に抵抗のある方は
閲覧なさいませんよう、お気を付け下さいませ。

















続きを読む »


ご主人様が御覧になりたいと仰って下さったので、
これまで禁じてきたわたしの夢を
綴ることに致しました。

ぼんやりと思い描くことすら禁じていた妄想を
具に想像し、綴ったら
余計に苦しくなるだけかもしれません。

それでも、
ご主人様が「見てみたい」と望んで下さったことが、
わたしにはとても うれしいことなのです。


わたしの 中 は、
性器だけではない、
脣の内側だけではない、
排泄と背徳のそこだけではない、
皮膚を捲りあげた先であたたかく鼓動する暗く紅い中身だけではない、

精神と、
脳内も。

…ですから。

わたしの 中身を どうぞご覧下さいませ。



菜々子
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。