FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしのなかにある昏い衝動は、健やかに青いうつしよから小さなわたしを引き剥がす。

この光のしたに露出させてはいけない「被虐の成れの果て」、
まだかたちをとっていない予感が、
まるで我が子のようにこの子宮には宿っている。

珠も石も乱雑に放り込まれている世界だから
(そして珠と石の区別はひとによってころりと変わる。)
我が身と精神の性質を特別扱いもしないが、

どうしようもなく人間(ヒト)の世界が遠いとき、つまりは尋常ではない欲情に躰の芯が燃えているとき、
青い空のしたを実体をもって歩きながらも
影になった気分になる。

わたしはここにいて、ここにいない。
(いることなど、できないのだ。)
それでも生きるには陽のしたを歩かねばならない。

影と身とがひとつになる唯一のひとときのために、パンドラの箱を抱えながら

……哀しい悦びに身をゆだね、沈んでゆく。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

…何度も読み返して。

同じような想い 抱えて。
いとおしくて。すぐ隣に居てくれる感覚。

ひとりじゃなかった
わたしだけじゃなかった。

泣けたです。
2013/05/05 17:27 |ゆう。 #-URL[ 編集 ]

ゆう。さん*°

有り難う、ゆう。さん(*^_^*)

そんな風に感じてくれて、
わたしもうれしいです。

きっと、一生持って歩く想いだから。
2013/05/08 08:34 |菜々子 #POQ5NLzMURL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。