FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご主人様のお家で過ごした三日間。
あんなにも幸せな日。幸せな夜。……夢のような時間でした。

(普段ご主人様とお逢いしている時間も勿論、とても倖せです。)
(ただ、それとこれとを比べる必要がないという、それだけのことなのです。)
(ご主人様と過ごす時間は、それがどんな時間でも、わたしにとってはかけがえのないものであり
 “たからもの”だから……。)


あんなに長い時間を一緒に過ごせたのは初めてでした。
ずっとずっと、微笑っていた気がします。
こころ穏やかに、愛に溢れて、

一瞬、一瞬が、すべて輝いていました。




ご主人様のご自宅の最寄駅に着くと、既にご主人様がお車でお迎えに来て下さっていました。
実は、わたしがご主人様のものになってもう七年も経つというのに、ご主人様のお車に乗せて頂くのはこれが初めてで……。

好きな男性(ひと)が運転する車に乗るのも、生まれて、はじめて。

ご主人様はわたしの“はじめて”を悉く攫ってゆきます……。
(お車を運転なさるお姿がどんなに格好よくて、素敵で、菜々子がきゅんきゅんしてしまったかは、あまり上手く文章に出来ないのでこれくらいにしておきます……。)


ご自宅へは真っ直ぐに向かわずに、週末に食材のお買い物へお出掛けになるといつも菜々子にお電話を掛けて下さるスーパーへ寄って、昼食と夕食の買出しに行きました。
「夫婦ごっこでもしようか。」――なんて前日のお電話で言われていたのですが、案の定、わたしはご主人様のお背中をちょこちょこと追いかけるばかりでした(笑)。
お料理がお上手なご主人様は、食材選びもお上手で、更に付け足すならば調味料フェチでいらっしゃるので、菜々子が出る幕は皆無なのです……。

まるで鳥の雛みたい、と、感じて、可笑しくなりました。
それが楽しいのですけれどね(*^^*)

ご主人様が楽しいと想うこと、楽しいと感じる時間、――それがどんなに小さなことだとしてもお隣でいっしょに感じられることが、わたしにとってはなにものにも代え難い幸せなのです。


……ほんとうに、
SMカテゴリに属するブログで文章にしたってなにも面白くないだろうというような、
平凡で、穏やかで、やさしくて幸せな、そんな三日間だったので、
なにを書いたらいいのかなぁ……。(笑)

ご主人様のお傍にいられるだけで魔法がかかったように輝くわたしの世界、
そこには特別なことなんて必要ないのです。

ご主人様と愛犬ちゃんとお散歩した道の素敵さも、
お風呂ではじめてのおねだりをして菜々子の長い髪を洗っていただいたことも、
ご主人様の手料理の美味しさも、
ふたりで眠るには狭いベッドで眠ったことも、

ごくごくふつうの、けれど、わたしにはとてもしあわせなことで……。

それがどんなに柔らかく輝いていたか、
書き出したら、ただの惚気にしかならないような気がするのです。
(既に、そう? ……。)
(ぁ。ご主人様のお料理の上手さは、全然、ふつうではありません!)




困ってしまいました……。
わたしがご主人様を愛していることを、言葉を換えて書き連ねるばかりになってしまうようです。

どうして、ごく日常的ななんでもないことが、ご主人様といっしょというだけで、こんなにも幸せなのでしょうか……。

ご主人様と過ごせる贅沢な夜。
一日目は、毎日ご主人様といっしょにいられる愛猫くんにヤキモチを妬いて、ほんの少しだけ、泣いてしまいました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

8/18に遡って記事をアップしました
2013/08/21 15:01 |ゆう。 #-URL編集 ]

ゆう。さん*°


御知らせ有難うございます、お邪魔しました(´..・ω・..`)♪
2013/08/21 21:46 |菜々子 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。