FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



夜、寝苦しくて胸も首筋も汗で濡らし、
目覚めた瞬間から
死にとらわれる悲しみで満ちていたのに、

次の瞬間には、
ご主人様を想い出して、
愛され守られていることに感謝のきもちが込み上げて、

……また、次の瞬間には
まるで漣のように、

わたしを理解しようとしてくれる人たち(友人)がいることにも、
感謝の想いが込み上げてきました。

哀しくて透明な海に
よろこびの波が満ちた感じがしました。



ふしぎなきもち。

とても静かなのに、感謝に溢れて。

かなしみとしあわせとが矛盾なく溶け合っている。



外から訪れたこの静謐な想いを、
隅まで味わい尽くして、
わたしは決して忘れません。

貴方が、あなたが(ここを知らないあなたも含みます。)、わたしにくれた想いを。

忘れません。最期まで。








スポンサーサイト
[PR]

[PR]

そこに私もいたらいいのに。
いつまで経ってもかわらない。
2013/12/31 13:30 | #-URL[ 編集 ]


あなたがわたしを励ましてくれた方ならば、
変わることは、ありません。

有難う…。
2014/01/02 20:32 |菜々子 #-URL[ 編集 ]

真っ白に消そうとしても
あまりに大切すぎて
そんなことできなかったの。
2014/01/18 20:58 | #-URL[ 編集 ]

ひまわりさん。

やっぱり、あなただった。
有り難う。
わたしのことを、大切に想ってくれて……。
うれしいよ。

わたしは、はじめから、
わたしの中からあなたを消してしまおうとは思っていなかった。
あなたと交わした言葉、
いろいろなきもち、想い、
楽しかった時間、
そうじゃなかったときも、

みんなみんな、わたしの中に在って、一部になって、
いまのわたしを作っているよ。

すべて大切だよ。
だいすき、だよ。


ひまわりさん。
わたしたち、仲直りできるかな…?

わたしは、できたらいいなって、
うれしい…って、
想います。


2014/01/19 09:26 |菜々子 #-URL[ 編集 ]

なんでわかったの…

もぅ…


苦しいなぁ
って、ずっと思ってた。

見たら切なくなるのに
だいじょうぶかな
って、気になってしまっていたよ。

今は…
わたしだと気付いてくれたことが
嬉しい。

ありがとう。
ありがとうね。

気付いてくれて
ありがとう……


心から愛しく想っていて
大事に想っているよ。

それはもう変わらないのだと知った。


どんなに傷つけても
どんなに痛くても




仲直り

その言葉が見れて
涙がでちゃう。


それができたら
わたしも
すごくすごく嬉しい。

2014/01/19 11:13 | #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。